激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 日本の真の支配者とは…?
2006年03月01日 (水) | 編集 |

■いわゆる「堀江メール」をめぐる民主党の謝罪会見が行われたが、真相は依然としてあいまいなまま。が、こんな茶番劇はどうでもいいのだ。中断したままのコイズミ政腐追求の本道に、早く立ち戻ってほしい。

このところ降ったり止んだりのはっきりしない天候のせいか、疲労が抜けずに体調が思わしくない。先月から続いている宴会も疲労の原因のひとつなんだが。毎月1日に発行している旅館用のニューズレターも、昨日は怠けて作らなかった。金曜は取材で新宿へ行かなくてはならないが、こっちの準備もまだしていない。普段どおりに1ヵ月30日見当で考えていたら、あらら、きょうから3月だったんだっていうのが偽らざる心境で、いまあわててロビーのカレンダーを3月に換えてきたところだ。気候も体調も気分も日本社会も、いまだ春来たらずってとこなんだろうな。

■さて、B・フルフォード氏言うところの「政・官・業・ヤクザ」の“鉄の四角形”に食い潰されているわが日本国だが、去年6月に発行された『別冊宝島 昭和・平成 日本「黒幕」列伝』(宝島社)の特別インタビュー欄で、安部譲二氏がこんなことを語っていた。その一部を転記する。



「……でも、本当の黒幕ってのは、やくざでも右翼でも、金貸しでも政治家でもないんだよ」
「役人だよ。オレの実感として、役人集団は一番悪いし強いしおそろしい。(略)溶け合わないと、角栄みたいに葬られてしまうんだ。こわいよ国家権力は……。ホリエモンだって孫正義だって、役人の怒る限界をわきまえないと大変な目にあわされるよ。親は、息子を医者だの弁護士にするだの言ってないで、子供は役人にしなきゃ。民間の黒幕がいくら頑張ったって、役人集団にはかなわないって」


■今週の『週刊現代』(3月11日号)にも「堀江メール」と、これを提供したとされるフリーライターについての記事が載っているが、私が興味を持ったのは弁護士・安田好弘氏×外務省元分析官・佐藤優氏×ジャーナリスト・魚住昭氏による「ライブドア事件 検察の暴走!」という記事だった。特に気になった発言部分を抜粋してみよう。



魚住:今回の検察のライブドア捜査に関して、私はいつにも増して違和感を持っています。なぜかというと、摘発の必然性というか大義名分が見えないんです。

私は、ホリエモンはフジテレビを取りに行って、検察官僚の虎の尾を踏んでしまったと解釈しています。日本というのは基本的に、官僚組織と放送局・新聞社を中心にした巨大メディアとの阿吽の呼吸での共犯関係、相互扶助の関係で成り立っている国だと思うんです。ところが、テレビのキー局というメディア組織のかなり重要な一画を、異星人のような成り上がりの男が取りにきた。フジテレビの経営陣も怒ったけど、検察官僚たちもこんな男を放っておいたら、自分たちが作ってきた国家秩序が壊れてしまうという危機感を持ったんじゃないでしょうか。

安田:私は今回の事件は戦前の二・二六事件と同じような匂いを感じています。つまり二・二六事件で青年将校が世直ししようとしたように、今回のホリエモン逮捕は特捜検事の彼らなりの世直し、国体護持のための運動ではないかと。もちろんその志は情けなくなるほど稚拙なんですけどね。自分たちが退職した後に顧問弁護士として再就職が予定されている企業、それらは戦後60年の間に利権配分をやり遂げた企業群なんですが、彼らの経済秩序の護持なんですね。

佐藤:司法官僚は世の中で一番頭がいいと思い込んでいる。(略)そういう価値観を持った連中はホリエモンをどう見るか。(略)そんな海のものとも山のものとも分からない堀江を見ていると、何か自分たちがコケにされているような気がする。だったら、国家の主人はオレたち司法官僚だと教えてやろうという発想じゃないですか。われわれはそういう国に生きているんだという意識を持たなければならないわけです。そういう国とは官僚組織によって異物が排除される国ということです。

日本の裁判所は現在も江戸時代の“お白州”なんですよ。(略)日本では起訴された事案の99.9%が有罪です。あのスターリン時代のソビエト連邦ですら実現できなかった数字です。

魚住:いまの検察にホリエモンのルール違反を責める資格はない。検察は自ら裏ガネ作りをやっていて、現役幹部の三井環氏(元大阪高検公安部長)がそれを内部告発しようとしたら、彼を逮捕した。口封じのためです。

安田:そうそう。彼らのやったことは組織的であり構造的で、半恒久的で、かつ巧妙。しかも罪証(証拠)隠滅までやって、いっさい反省もしない。いまの検察庁はどんな形容詞を用意したって追いつかないぐらい悪質です。


■B・フルフォード著『さらば小泉 グッバイ・ゾンビーズ』には、<財務省は、これまで多くの指摘があるように、この国の「真の支配者」である。そして、小泉政権はこの財務省と一体化した政権であり、戦前の日本の軍部と一体化した政権となんら変わるところがないのだ。>(32P)とある。
また、228Pには<現在、日本の権力の中枢は、首相・小泉純一郎を中心とした閣議にあるのではない。彼が内閣府に設置した経済財政諮問会議にあると考えるのが妥当だ。なぜなら、ここで改革の大筋が決まるからである。>と書かれている。
この諮問会議の議長は小泉で、10人のメンバーがいる。そして仕切っているのが竹中平蔵である。民間メンバーは、奥田・経団連会長、牛尾・ウシオ電機会長、本間正明・大阪大学大学院教授、吉川洋・東大大学院教授の4人。
<竹中と4人の民間メンバーが諮問会議の議論をリードして、「骨太の方針」など、小泉内閣の改革案をまとめてきたと言われている。しかし、大手新聞の担当記者によれば、「改革案をまとめる議論を本当にリードしてきたのは、竹中よりは、むしろ彼の恩師である本間正明のほうでしょう」と言う。>
だからこの本間教授こそ、<日本国の経済政策の真の運営者と言っていいのだ。>


■私の体調が悪いのは、雨降りばかりのせいではない。日本の現状を知れば知るほど、腹は立つし、陰鬱な気分になってくる(-"-;)
さ、ちょっと休憩がてら、夕食でも作ってくるか。あとの到着客は7名。最後のチェックインは夜中近くになるだろうから。


スポンサーサイト

 「堀江メール」あれこれ
2006年02月25日 (土) | 編集 |
■いわゆる「堀江メール」の真偽を巡って、今度は自民党の平沢勝栄議員が、「同じコピーを入手した。これはいわくつきのライターによる捏造メールだ」と、突如テレビに露出し始めた。

で、これが永田議員の黒塗り前の「堀江メール」
http://tekcat.cool.ne.jp/neko.horiem.html

■テレビを中心に大手新聞もこぞって「堀江メール」を偽物と言い立て、永田議員の進退問題や民主党の責任を声高に求めているが、他方では全く逆のこうした見方もあるのだ。



佐藤立志のマスコミ日記
2006/02/24 (金) 民主党、逆転満塁サヨナラホームラン!!??
民主党が永田の休養入院を発表したが、これはあの堀江メールが本物であったという確証と証言があったようだ。堀江メールの提供者は内部の人間で、出所がわからないように本文以外は作為した。
このメールの内容が本物であると証言する人間が出てきて、来週の週刊誌(週刊現代か週刊ポスト??)に掲載されるようだ。
そのため早まって議員辞職しないように説得したようだ。前原代表が本物だといまだに公言していたのは、確証が得られ、週刊誌が「堀江メールは本物」との記事がでるとの情報が得たためのようだ。
民主党関係者に聞いたら、「何ともいえない」と言っていた。
自民党が平沢議員をマスコミに露出させて、ガセネタという結論で早くこの問題の幕引きを図ろうとしたが、来週は民主党の逆転満塁サヨナラホームランになるかもね。
そうなったらただのピエロの永田が英雄になる??!!
追加・今日の昼のテレ朝のニュースで自民がこのメール問題は深追いしないと報道があったが、これは来週の週刊誌の記事を意識しているのではないか。
武部次男の海外口座は騒動発覚後、閉鎖されたという情報もある。武部が言っていた海外に口座がないというのは、今時点の話のようだ。

メールは「上手な仕掛け」 野中氏、同情的な見方 (共同通信)
野中広務元自民党幹事長は24日のTBS番組収録で、ライブドアの送金指示メール問題に絡み議員辞職の意向を示した民主党の永田寿康衆院議員について「今から思うと、上手な仕掛けに乗ったのではないか」と同情的な見方を示した。
自民党の平沢勝栄議員も同じメールを入手したことを挙げ「同じものが出たということは、出どころはひょっとしたら自民党かもしれない。官邸かも分からない。不思議な事件だ」とも述べた。
民主党の対応では「前原誠司代表の辞職問題とか野田佳彦国対委員長の責任とか内輪で騒いで、横で小沢一郎前副代表がにんまり眺めている姿は良くない。一致して(政府、与党と)戦わなくてはいけない」と指摘した上で、「野党がしっかりしないと日本は良くならない」と強調した。




■ベンジャミン・フルフォード著『さらば小泉 グッバイ・ゾンビーズ』(光文社ペーパーバックス)を購入した。
裏表紙にはこう記されている。

あなたを乗せて、「小泉機関車」は地獄へ向かって突っ走る!
■このままでは、確実にやってくる国家破綻 national bankruptcy。この緊急事態を放置したまま、小泉機関車は、マヤカシ改革 false reform のアクセルを踏み続けている。この機関車が行き着く先は、間違いなく「地獄」hell だ。
■なぜ、あなたは、小泉政権を支持し続けるのか? 国民への愛情もなく、政治家としても無能な傀儡男 puppet に、なぜあなたの未来を預けているのか? 小泉を担ぐ政府の中枢には、「改革という仮面」を被ったゾンビたち zombies が居座っている。このゾンビたちを排除しなければ、日本は再生しない。
■日本再生へのデッドラインは、「2007年問題」がはじまるとき。つまり、日本に残された時間は、もうわずかしかない。
■いまでも私は、来日したときの思いを捨てきれずにいる。当時の私には、この国が地上に出現したユートピアに思えた。だから、日本が世界の舞台で称賛されれば自分のことのように嬉しくなり、他国からバカにされたり無視されたりすれば腹が立つ。とくに、アメリカの言いなりになっているいまの状況は、耐えがたい。
■東洋文明が西洋文明の補完文明ではなく、21世紀の人類に必要な文明だということを、日本人は誇り pride と野心 ambition を持って、いまこそ世界に知らしめてほしい。日本が現在の停滞状況 downturn から脱出できないと諦める理由は1つもない。



 粉飾しても、嘘は嘘
2006年02月20日 (月) | 編集 |
■民主党が投げた小型爆弾「3000万円振り込めメール」の真偽をめぐって、またしても嘘だホントだと喧しい。噂ではこの情報はかなり早い時期に流れたが、真偽が不明瞭で誰も手を出さなかったいわくつきのものとか。コイズミの品のない「ガセネタ」発言や、あまりにも早すぎる懲罰動議の提出は、情報の存在を前もって知った上での余裕ぶりを暗にうかがわせるものだ。また一方、爆弾投下直後の武部のうつろな目は情報の確かさを印象づけるものであり、自民党があくまで調査権発動を拒むのも実にあやしい。さてこの先実際に地雷を踏むことになるのはどっちなのか、しばらく目が離せそうにない。


■昨夜、日本テレビの「歴史ドキュメント」を偶然目にした。
250年前に財政危機に陥った松代藩を立て直した家老・恩田木工(もく)の足跡を伝える内容だった。
財政改革にあたり、まず「隗(かい)より始めよ」ということで、木工は「決して嘘は言わない。飯と汁以外は食べない。木綿以外の衣服は身にまとわない」ことを自身はもとより家族にも誓わせた。さらに賄賂は一切禁止、年貢を月割り分納制にし、期限つきの見直し政策で民意を反映させたという。「己に厳しく民には寛大に」という木工は質素な生活と激務で46歳で生涯を終えたが、まったくコイズミに番組を見せてやりたいものだと大きなため息がでた。

と思ったら、なんと「小泉内閣メールマガジン 第118号」に、近藤剛・日本道路公団総裁のこんな挨拶文が。その一部を引用すると、「(略)公団職員の皆さんへの就任あいさつで、信州・松代藩の財政を建て直した恩田木工(おんだ・もく)について触れました。私は恩田木工のように、滅私奉公に徹します。そして『決して嘘はつかない』という恩田の誓いを、公団と私の誓いと致します。腐敗や不正を許さず、隠し事をせず、正々堂々と改革に邁進します」

ほぉ~。「決して嘘はつかない」とな。「嘘はつかない」と嘘をついても、みんなマルッとお見通しだ!
嘘×嘘は単なる大嘘で、決して本物になりはしない。コイズミ内閣がいくら粉飾しようとだまくらかそうと、そうそう国民の目はいつまでも節穴のままではないのだよ。


 ○○で処理してね
2006年02月17日 (金) | 編集 |

■ホリエモンが「シークレット・至急扱いで処理してほしいんだけど、遅くても31日できれば29日までに○○さん(武部二男の名前)に3000万円振り込むよう手配してください。(前回、振り込んだ口座と同じでOK)。項目は選挙コンサルティング費で処理してね」と社内メールで指示した件。本日の衆院予算委員会では民主党の永田議員は裏づけ証拠を提出しなかったが、確実な証拠なのか、本当に大丈夫なのか(リークしたのは永田議員のかつての同僚説)と、テレビを観ている側もドキドキしてしまう。武部の否定コメントも映っていたが、目がおどおどと泳いでいて、疑惑が一層深まった感がある。コイズミ政権が吹っ飛ぶかどうかのこの大スキャンダル、どうか徹底的に追求してほしい。

■一方「自殺ということで処理してね」って傾向がますます強まったのが、野口氏怪死事件である。昨日の朝だったか、確かテレビ朝日の「スパモニ」に野口氏の妻が出ていて、それが家族で沖縄に飛んで夫の足跡を辿ったというのだ。特に腑に落ちなかったのは、同じテレ朝がスクープした那覇空港の監視カメラに映っていたという4人の男の映像で、妻が見て確認したところ、夫の野口氏も合流した4人の男も確認できないほど不鮮明な映像だったという点だ。空港関係者が明確に証言したことがなぜ肝心の妻にはわからないのか、当然「それはおかしいですねえ」と疑問を呈するはずであろう番組の流れもなく、さらに遺体を検死した監察医の話を聞いて「自殺かもしれない」と思うようになったとの妻の言葉に驚愕した。自殺説を深く疑っていた結果の沖縄訪問であったはずだ。それがなぜ…?
このモヤモヤは、きょうの「きっこの日記」のきっこ氏と野口妻とのメールのやりとりで納得できた。ようするに妻も自殺説に傾いたかのように見えたのは、番組の恣意的な編集による「たぶらかし」であり、妻自身は決して自殺に納得したわけではないという。

■さて私の記憶によれば、7日の国会中継での野口氏死因をめぐる質問で、国家公安委員長が確か、「犯人がブザーを押した」とか「ブザーを押して犯人が届けに行った」云々と答えたような気がするのだが。思わず「レレレッ」と驚いてしまった。それとも「犯人」ではなく「本人」と発音したのだろうか。単なる「言いまつがい」? そしてこの日はなんと国会中継のさなかに、あの「紀子妃懐妊」騒動が勃発したのである。おかげで野口氏怪死事件もみごとに吹っ飛ばされてしまった。これに関しては、2ちゃんねるにこんな書き込みを見つけた。



民主党が野口変死について質問
 ↓
NHK第一級警戒態勢 テロップの準備
 ↓
国家公安委員長がしどろもどろ
 ↓
NHK特級警戒態勢 電通・内閣府・創価学会に緊急連絡
 ↓
国家公安委員長が『犯人がブザーを押した』と発言
 ↓
NHK非常事態宣言発動 御懐妊テロップ投入

 

まったくさもありなんとの爆笑ものだ。あやういところで「ご懐妊テロップで処理してね」ってことだったのね。なんちって!


参考:新じねん・日々雑感氏による
「野口チャート図を核としたライブドア還流相関図」
(2月18日)