激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 猫と盆栽
2017年01月29日 (日) | 編集 |

 毎日毎日寒さが身にしみて辛いが、昼間はいくぶん温かな日がさすようになった。
そんなおり、玄関前をふと見ると…。





盆栽(後ろが松で、手前が白梅)の横に
外猫のマダラがちょこんと座っている。





盆栽と日向ぼっこの猫というと
何やら風流な気分になるが…。
さらにズームアップすると…。 





げげげ…鼻水が



 しっぽの先までやせ細っているマダラ(メス)は、私にだけは慣れ慣れしいが
他の猫には超嫉妬深くて意地悪なので、これまでどれだけの外猫たちが怖がって
エサ場に近寄れなかったり、遠くへ追いやられたか数しれない。
かわいがっていたシマタロウ・ブチコ兄妹も他所に逃れていったし(シマタロウは
最近また見かけるようになった)、それを思うと憎たらしいのだが、そうかといって
病気持ちの猫を放っておくわけにもいかない。
おととしも風邪をこじらせて、動物病院のドクターにたぶん冬は越せないだろうと
言われたが、古い傘を組み合わせてテントを作ってやったり、ラッキーにも与えていた
栄養流動食を食べさせたりで何とか冬を生き延び、また今年の冬も無事に越せそう
である。鼻水もしょっちゅう垂らしているので、そのたびに首根っこを押さえてウェット
ティッシュで拭いてやる。猫は鼻呼吸しかできないので、鼻がつまると食事もできない。
小さいといっても猫は爪と牙があるから、危険な動物には違いない。
部屋飼い猫の元野良だった「まれ」も生まれついての虚弱体質で、涙腺の発育不全と
鼻炎のため、これも日々目と鼻を拭いてやっている。
このままでは、猫の鼻かみ名人になってしまいそうだ





スポンサーサイト

 帰ってきたシマタロウ
2017年01月13日 (金) | 編集 |

 外猫用のエサ場にいつもと違うトラ猫が食べに来ている。





遠くから写したので、顔がはっきりしない。
でも私を見ても怖がって逃げたりしない。
ん…、ということは。
もしかして?











以前うちの庭で育った、ブチの子どものシマタロウに違いない。
左が妹のブチコ、右が兄のシマタロウ。





ロビーに入ってくるほど慣れていたが
裏で暮らしている外猫のマダラにひどくいじめられて
兄妹で裏山に避難して住み着いたのだった。
オスのシマタロウのテリトリーは広いので
勝手知ったうちのエサ場に戻ってきたのかもしれない。






 猫とポケモンGO
2016年12月10日 (土) | 編集 |

 本日は土曜で忙しいので、軽い話題など(^^;





近くのジムで戦う。
「シャワーズあき」出動
本当は「シャワーズ」だけど、
自分だけのニックネームをつけられるのだ。





で、手前左が「あき」。
シャワーズみたいにシッポが長く
いつもゆらゆら揺すっている。
額のM字マーク模様も一緒。







次の戦士は、「ギャラドス」ならぬ「ギャラチャーコ」。






宙を舞う「ギャラチャーコ」の勇姿。






で、こっちが野生女子「チャーコ」の勇姿。
形が「ギャラドス」みたいでしょ。






 元ラッキーの小部屋が、猫たちの憩いの場に変身
2016年12月01日 (木) | 編集 |

 いつもながら前半ちょいがんばり、後半息切れでダウン、てな具合で
11月もあっという間に過ぎて、はや2016年の最後の月になってしまった
12月もたぶんすぐに息切れ…の予感がするが、よたよたの足取りでがんばろう。






11月24日に、観測史上初の積雪があった。
朝、窓から外を見ると、なんと葉っぱに雪が。
せっかくの紅葉のイベントが…






猫のラッキーが脱走して、もう二度と会えることはないのだと
自ら納得してから、仕事の合間に20分、30分とほんの少しずつ
ほとんどゴミ屋敷と化したラッキーの病室(その前は義母の介護部屋)を
気の遠くなる思いで片づけること2ヶ月。ラッキーの血膿と抜け毛と
見たことのない義母の大量のブランド物の衣服や写真・本など
分類・整理、処分、掃除・消毒して、ようやく他の猫たちが入れる部屋に変身。
病気の身でよくぞここまできれいにできたと、われながら感心するワ。
何年も前からこの開かずの部屋に入りたがっていた猫たちも、すっかり入り浸り

上は、ダルメシアンのmixの犬のダイと、ダイの毛布で寝る三毛の長毛のギン。
そして、いつも犬のようにおもちゃのネズミをくわえ、犬のように駆け回り
犬用のチキンジャーキーをバリバリかじる、「ぽん助」こと、トラ猫の「まれ」。
6月に急死した猫のキキにも窓の外の景色を見せたかったな





 いたずら猫姉妹
2016年11月06日 (日) | 編集 |

 きょうは母の誕生日。
足の手術の結果、歩行が少し楽になったようだが、持病のリウマチで
熱が出たりしているという。
私の方も日々バタバタしているので、ぎりぎりになって来年用の猫川柳
カレンダーを送ったら、一日早く昨日届いてしまった。アチャチャ(゚Д゚)ノ
そんなわけで、うちのいたずら猫姉妹の写真など(=‘x‘=)






尻尾が長い姉の「あき」。
姉妹でいるときはリーダー格だが
とてもシャイな性格で
見知らぬ人や環境に遭遇すると
すぐにすみっこに隠れてしまう。
私に対してはベタベタの甘ったれ。
ニックネームは「あきちゃびん」。






尻尾の先が「く」の字に曲がっている妹の「まれ」。
たくろー氏の後を犬のようについてまわる変な猫。
好物は犬用のササミ・ジャーキーで
バリバリとかじって食べる。
いつまでも子猫の性格が抜けない、おバカ猫。
ニックネームは「まれぽん」→「ぽん助」。






 きょうがホントのハロウィンなのだ
2016年10月31日 (月) | 編集 |

 ううう(つд⊂) 10月の最後くらいは更新しないと
体調もボロボロだったし、いろんなイヤなこともありすぎたし…。
ということで、ずっと文章を書かないできたので、さらに心身が萎えてしまい
明日からちょっとはがんばろっと。たぶん(^^ゞ










 自由になりたい
2016年09月12日 (月) | 編集 |

 猫のキキが死ぬ数日前、私の頭の中にエミリー・ブロンテの小説『嵐が丘』
に出てくる、ヒロインのキャサリンあるいは義妹のイザベルが言った「死を感じるわ」
というセリフが、リフレインのように響いていた。
そしてラッキーが疾走する2、3日前からも、同じ『嵐が丘』のヒースクリフが死ぬ
前に寝食も忘れて目を輝かせ、陽気にあちこちさまよい歩くさまが脳裏に浮かんだ。

 偶然といえばそれまでだが、死の予兆みたいものが私にも感じられたのだろう。
そして死は、時には悲しみを超えた救いでもあるのだ。
5年にわたって病気と闘い、しかしながらさらに強い気持ちで自由を乞い願い、
ついに自らの力で自由を獲得したラッキーに、この歌を捧げたい。
私が大好きだったポップグループ「The Monkees 」のヴォーカル、今は亡き
デイビー・ジョーンズの「I Wanna Be Free  自由になりたい」。
You Tube  にあった歌詞つきのものを。











 上の歌の中の

    I wanna be free
    Like the warm September wind, babe 

「自由になりたい 9月の暖かい風のように 」という歌詞に、思わず涙が溢れた。
 







 自由にまさるものはなし  ~猫のラッキーの場合~
2016年09月10日 (土) | 編集 |

 猫のラッキーが失踪した。
台風の影響で大雨が降り続いた8日木曜、いつも暮らしている病室の
網戸を食い破って、裏庭に飛び降りたのだ。
そういえば3日くらい前から、私が注射器で与える流動食以外の缶詰や
ドライを食べようともせず、そのわりにはずいぶんと元気な大きな声で
鳴き続けていたのだった。

 ちょうど5年前の2011年10月に保護したラッキーは、猫エイズと
猫白血病という2つの難病に罹っていて、余命1~2ヶ月と獣医さんに
言われたが、その後5年間も生きながらえた。
しかし毎日の投薬や他の猫と隔離されているストレスから、ラッキーは
自分の毛をむしり取るようになった。
そして外に出たいという自由への渇望は、日々強くなっていくのだった。

 脱走を図ったのは、よりによって大雨の日で、裏庭でびしょびしょに
なったラッキーを見つけてあわてて捕まえようとしたが、私の方も
ぬかるみに足をとられたすきに逃げられてしまった。
その日の夕方、奇跡的に潅木のかげにいたラッキーを発見して捕獲。
タライのお風呂に入れて投薬、流動食も与えてほっとしたが、1時間も
たたないうちに、補強した網戸に今度は体当りして再び脱走した。
その後はいくら探しても見つけることができないでいる。







2011年、まだ外猫だった頃のラッキー。





友だちのチャチャと一緒に。





おっさん座りがおかしい。





たぶん病気の元凶となった「班目(まだらめ)キン」ちゃんと。
キンちゃんは、その後病死。





保護した頃のラッキー。
仕方なく、ひと部屋を隔離病室にした。




やせて、顔がとんがってからも
緑色の目がいつも印象的だった。



 病気が進行し流動食しか食べられない体で外に逃げるということは
即、死を意味する。それでも再度脱走を図ったのは、死にも増して自由が
欲しかったのだろう。
ベロニカではないが、夏の残りの太陽のもとで、「ラッキーは死ぬことにした」
のかもしれない。自らの力で自由を勝ち取って。
その選択が果たしてラッキーだったかアンラッキーだったかは、彼本人に
しかわからない。





 猫のミラちゃん18歳おめ ☆゚'・:*☆♪ and 津田沼の猫たち
2016年07月07日 (木) | 編集 |

 7月7日は毎年恒例、猫のミラさまのお誕生日





18年前に埼玉の片田舎のお寺の境内で拾った子猫が
こんなに長生きするとは思わなかったワ。
実家で暮らす、ご長寿のわがまま女王さま。





ちなみに去年のが、これ。
夏にぴったりの涼しげな毛並み。










 実は母が足の手術をすることになって、先月6月1日に、ほ~んとに
久々に実家の津田沼(船橋市)に行ってきたのである。
その行くまでの準備というか、こっちの仕事の手配やら猫たちの世話やらで
家を出るまでにすでに疲労感たっぷり。おまけに左膝の負傷も抱えている身で
お昼前にようやく津田沼駅にたどりついた(o´Д`)







JR総武線・津田沼駅構内。
時間的にちょうどすいていて、人影もまばら。
いろんなお店が増えていた。





改札を出たところ。
写真の左側の出口は習志野市、右側は船橋市。
国境の町みたいな場所だ。





母が入院している習志野病院の8階から見た景色。
遠くのビル群は幕張テクノポリス。
手術が終わるまで4時間以上かかって、
しかも麻酔がなかなか醒めない。
ようやく二言三言話せるようになってから
病院をあとにした。






すっかり暗くなってしまったが、実家に立ち寄った。
東日本大震災で首都圏もだいぶ揺れたので
去年、二女が新しく立て替えた。
以前の四分の一くらいのコンパクトな造りになっていて
ちょっとびっくり(・・;)
父母と二女と猫たちで暮らす。





キッチンで寝転ぶ、猫長女のご長寿ミラさま。
上のバースデーカードに転用すますた





二女のアーニャ。
隅っこに入って警戒中。





長男のプーチン。
すぐ逃げようとするので
人間の二女が取り押さえ中。





キキに似ている三女のコタマ。
最近大腸がんが見つかって療養中。
まさかキキが先に逝ってしまうとは思わなかった。










実家の猫たちの若き日のお姿集。





毛並みが美しかった、はつらつミラさま。
なぜかソースの入れ物が。





津田沼の動物病院からもらってきたアーニャ。
右側は、病院で飼われているアーニャのママ。





実家の庭で発見した(^^; 子猫のプーチン。
私が時間をかけて手なづけ、飼い猫にした。
なのに恩を忘れて、今は私から逃げ回るのだ。





おもちゃで遊ぶコタマ。
外猫のタマオの娘で、タマオがうちの娘たちに託して
置いていった。少しでも元気になってほしい







 腐れ縁だね、このふたり (´^ω^`)
2016年07月02日 (土) | 編集 |






人間でも、なにがよくてくっついてるんだろう
なんて思えるようなカップルがいるけど
猫の世界でも、それは同じ。
どこへ行っても嫌われ者のマイケル(手前の薄茶の猫・オス)と
今にも死にそうなのに何とか生きてる
独占欲が強くて、やはり嫌われ者のマダラ(奥のサビ猫・メス)も
そんな「破れ鍋に綴じ蓋」のカップルだ。
そそくさとした仕草でマイケルに愛情を注ぐマダラが
いじらしいというか、うっとうしいのである。ワハハ。