激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 前川・前事務次官が再びの記者会見
2017年06月23日 (金) | 編集 |

 本日は前川・前事務次官の記者会見があるというので、どこかニュースで
流してないかなと期待したのだが、地上波のニュースは違う話題ばかり。
ようやくスカパーで見ることができた。






    日テレNEWS24  6月23日
      http://www.news24.jp/articles/2017/06/23/07365123.html

          「内閣府や官邸は不誠実」前川氏が記者会見 

 加計学園の獣医学部新設を巡り、「行政がねじまげられた」などと告発した文部科学省の前川喜平・前事務次官が23日午後、再び記者会見を開いた。

 約1か月ぶりとなる記者会見で、前川前事務次官は「総理のご意向」などの文書が文科省内に存在したものの、その内容を内閣府が否定したことについて、「内閣府や総理官邸は不誠実で真相解明から逃げようとしている」と厳しく批判した。

 前川喜平・前事務次官「こういった文書を現職の職員も行政のゆがみを告発したいという気持ちからだと思うが、外部に提供する行為が相次いでいる」「こういった文書が次々と出てくるということによって、国民の中にもこの問題を巡る疑惑がさらに深まっているのではないかと思っております」

 前川氏は、文科省の調査では、内閣府から「官邸の最高レベルが言っている」などと対応を急ぐよう迫ったことを示す文書が明らかになる一方、内閣府が内容を否定していることについて、安倍首相に対し、「説明責任を果たしていただきたい」と述べた。

 また今週、文科省が新たに明らかにした「萩生田副長官ご発言概要」とする文書について質問があがると、前川氏は主語は誰かはよく考えて読む必要はあるものの、書かれている内容は事実ではないかと思う。書いた課長補佐は優秀な人物で、あえて虚偽の事実を盛り込むことはありえないし、聞き間違え、取り違えはありえないと述べた。

 23日の発言は、安倍政権の対応にも影響を与える可能性がありそうだ。



         

スポンサーサイト

 あき帰る(=‘x‘=)
2017年06月23日 (金) | 編集 |

 今月12日に、お風呂場の窓の網戸を蹴破り、3度目の脱走を図った
猫のあきが、12日目の今夜7時過ぎに戻ってきたヽ(*´v`*)ノ
今回は外猫のブチコと一緒に遠くまで行って、もしかしたら帰ってこない
かもしれないと思ったりしていたので、突然の帰還に驚いた。
2階の窓の外の手すりで猫の鳴き声がして、まれとハナが網戸越しに
少し興奮気味に見ているので、チャーコが来ているのかと見に行ったら
黒っぽいフォルムがどうもあきに似ている。
しかし、網戸は固定してあるので開かない。
「あき、あき」と呼ぶうちに、あきは移動してしまった。
ところが運良く、窓に続いている倉庫部屋に入ったので、急いでそこの窓と
ドアを閉めて、隠れているあきの手足を引っ張り、みごと捕獲。
ふう、よかった。だけど、疲れたワ~(*´Д`)





家出常習娘、あき。
昨日、猫たち全員お風呂に入れたばかり。
あきも早くきれいにして、また首輪をつけなくちゃ。





 焼肉pada ぱだ
2017年06月20日 (火) | 編集 |

 うちの新しいテナントの焼肉店がオープンしたので、お祝いを兼ねて
行ってみた。





炭火焼きで、こんなかんじ。
「とりあえず生ビール」の向こう側は、たくろー氏。





ねぎタン塩 1400円。
他にサンチュ 500円と
にんにく焼き(値段忘れた)を注文。





カルビ 980円。





焼いてるところ。





野菜焼き(これも値段メモ忘れ) (^^;
タケノコがおいしい。





ロース 980円。
カルビもロースも、上を頼まなくても十分美味。





カルビクッパ 980円?
そんなに辛くなくて上品なお味。





私のシメは、毎回クッパ (;´д`)
メニューの写メを撮り忘れたので
今回は値段がうろ覚えになってしまった。
外食すると、いつもたくろー氏のビール代で
けっこうな値段に跳ね上がるのだワ







 それぞれの猫の運命
2017年06月19日 (月) | 編集 |





デブリンの子どもはクッキーだけじゃなかった?
後ろの右足を少し引きずった、黒っぽい子猫が出現。
急いで捕獲かごを置いたが、母親のデブリンが警戒して
かごを回避。その後、子猫の姿は消えてしまった。






こちらは3度目の家出中のあき。
あきに似た猫が夜遅く来たような気がするのだが
あき本人だという確信が持てないのが悩みだ。
たぶん首輪は外れてしまったのだろう。
シマオを父親に持つシマトラ猫が周辺に多いため
みな顔や体形がそっくりで、昨夜は3匹見たのだが
1匹はブチコで、次のは痩せたあきみたいな顔だが
どうも違う。最後の子は…?
もう誰でもいいから (;´Д`A 早く帰ってきて、あき。






親友のM子さんの愛猫・博雅くんが、急性肝炎で
病院での手厚い看護のかいなく、6月16日夜に逝去。
愛するペットに死なれるのは本当につらい。
心からお悔やみ申し上げます。







 【スノーデン氏の警告を聞け】 自民党の政策すべてが米国の命令、秘密法も共謀罪も改憲も!
2017年06月18日 (日) | 編集 |

 そりゃあ前々からわかっていたわけで、日本(自民党)の政治が米国
から突きつけられる「年次改革要望書」のとおりに動いてるって事実は。
しかし米政治がオバマからトランプに替わったあとも、失脚したはずの
オバマ時代のジャパンハンドラー・アーミテージのタコ坊主(安倍政権を
あやつる「アーミテージ・ナイ・レポート」の作者)が未だに大きな顔で
官邸に出入りしてるって、ほんとかね?
そして私たち一般日本人は、共謀罪が成立する前からずっと、日本国の
中心に位置する「横田(基地)大統領府」から盗聴・監視され続けているのだ。

 政治家も官僚も長いあいだ米国に「忖度」し続けてきたのだから
その下の連中に自分らへの「忖度」を押しつけるのは、ごく自然なこと
なんだろう。これこそ、「忖度のトリクルダウン」ってわけだ(´Д`;)

そしてついに共謀罪が成立したことで、日本は
ビッグブラザーもびっくりの「相互監視・密告」社会へと
めでたく成就したのである。
そしてその先には「改憲」が、口を開けて待っている。








東京新聞 2月15日の「こちら特報部」より




    

クリックで拡大