FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 沖縄のジュゴンが死んでしまった 辺野古の埋め立てと無関係ではないだろう
2019年03月20日 (水) | 編集 |

 イルカやクジラに敏感な「シーシェパード」は、沖縄にはなぜ来ない。
米軍がかかわっている件では、自然保護はそれよりも下位になるのか。





写真はhuffingtonpostより  ジュゴンのイメージ写真
傷だらけの実物の死骸写真は、哀れすぎて載せられない。



 huffingtonpost 3月19日
  https://www.huffingtonpost.jp/entry/dugong-okinawa_jp_5c907c34e4b0d50544ff1a62

    ジュゴン、死骸で見つかる 
            沖縄本島周辺にわずか3頭、そのうちの1頭か


 絶滅危惧のジュゴンが死んだ状態で見つかった。沖縄本島周辺に生息する3頭のうちの1頭とみられ、沖縄県などが確認している。

 国の天然記念物で絶滅の恐れがあるジュゴン1体の死骸が18日、沖縄本島北部の西海岸の沖合で見つかった。本島周辺に生息する3頭のうちの1頭とみられ、沖縄県などが確認している。

 今帰仁(なきじん)漁協によると、18日午後5時ごろ、今帰仁村の運天漁港沖の防波堤付近で死骸が浮いているのを、組合員が見つけた。死骸は回収し、漁港内で保管している。体長約3メートルで、頭部や顔、胸びれに傷があり、出血もしているという。

  防衛省沖縄防衛局の調査では、ジュゴンは本島周辺に3頭しか確認されておらず、そのうちの1頭とみられる。3頭のうち、西海岸の古宇利島(こうりじま)沖に生息する「個体B」の可能性があり、県や国が特定作業を進める。(山下龍一)





スポンサーサイト

 JOC竹田会長起訴ならオリンピックはどうなるの?
2019年03月15日 (金) | 編集 |

 贈賄の疑いでフランスの裁判所が「予審手続き」を進めている例のJOC竹田会長が
あせって国際会議からトンズラしたりで、ついに続投は無理だと周囲も感じるようになり
退任は避けられないようすだという。
この件に関しては、以前当ブログでも記したので、まだ起訴されないのかとの思いの
方が強い。





写真はNHK  JOC竹田会長


 NHK 3月15日
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190315/k10011848901000.html

              JOC竹田会長 退任が避けられない見通し          

東京オリンピックの招致をめぐる贈賄に関与した疑いでフランスの司法当局から調査を受けているJOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長が、ことし6月の改選で続投せず、退任が避けられない見通しであることが複数の関係者への取材で分かりました。

竹田会長をめぐっては、東京大会の招致の過程で招致委員会のトップとして贈賄の疑いが持ち上がり、去年12月からフランスの裁判所が裁判を開くかどうかを審査する「予審手続き」を進めています。
この問題で竹田会長は一貫して潔白を主張していますが、ことし1月に開いた記者会見で質疑に応じないなど説明責任を果たせず、その後、国際会議を欠席するなど海外出張を相次いで見送り、会長としての活動に影響が出始めています。
さらにIOC=国際オリンピック委員会が、予審手続きから起訴に進展した場合の東京大会へのリスクを強く懸念していることも、NHKの取材で新たに分かりました。
竹田会長は当初、東京大会を見据えことし6月の改選で続投することが既定路線でしたが、こうした状況を踏まえJOCの幹部や大会の関係者からは続投は厳しいという声や、みずから進退を判断すべきだという意見が相次いでいて、竹田会長の退任は避けられない見通しです。





 とまあ、これはあらかじめわかっている筋書きだが、思わず笑ったのが以下のツイート。
ほんとにこの通りだよね。この国では、お偉いさんと一般庶民に適用される法律が同一では
ないんだから、まったくいい加減にしてほしいよね。












 他人(ひと)の恋路を邪魔する不思議猫まれ
2019年03月14日 (木) | 編集 |






仲良く座って窓の外を眺めるスズメ(左側・オス)とリリー(右・メス)。
と、手前の猫タワーから顔を出す不審な猫が一匹。
ほかの猫の行動を邪魔せずにはいられない性格なのだ。







まさに凶悪な猫相。三白眼。
彼女こそ、常に先頭に立って若猫たちに「ワル」を教え込む
「ぽん助」あるいは「ビックリまれぽん」こと「まれ」である。
子猫の時に死にかかって母猫よそこに捨てられたとは
今では思えないほど大きく育って、全身ワル猫化したのだった。
すべてにおいて過剰な性格で、ひとりで興奮して走り回り
いたずらしまくり、異常にスリスリしてくる。
なお姉は、私のアバターをしている「あき」である。






弟子ナンバー2のスズメ(左)と親分まれ。
顔が渋すぎる。
スズメの格好もくねくねと、軟体動物かっ!






 74年目の東京大空襲
2019年03月10日 (日) | 編集 |

 東日本大震災のあまりの衝撃の陰で、最近は東京大空襲の話題が少し薄くなった
ように感じられる。今年で大空襲から74年たった。
母方の親類がほとんど東京の下町にかたまっているので、いつも人ごとのようには
思えない。子どもの頃から母や祖母から、爆撃のこととか東京中が焼け野原になった
ことを聞かされていたし、自分で本を買って読んだりもした。
その大空襲で被害を受けた民間人は、74年もたつのにまだ国からの補償を受けていない
という。これが戦争の実態なのだ。







東京新聞 3月7日
一日も早く救済法を」と訴える吉田栄子さん(右)ら空襲被害者=千代田区で



 東京新聞 3月7日
  https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201903/CK2019030702000130.html

       10日に東京大空襲74年 
              民間被害者が千代田で連絡協集会
                        「ただちに救済法を」


 東京大空襲から七十四年となる十日を前に、全国空襲被害者連絡協議会が六日、千代田区の衆議院第二議員会館で集会を開いた。国は元軍人らに計六十兆円もの補償をしているが、民間の空襲被害者は放置しており、「ただちに救済法を」と求める声が相次いだ。

 国会議員十六人を含む約百人が出席。東京大空襲で孤児になった吉田由美子さん(77)は「軍人のような国との雇用関係がなかったと言われるが、銃後の民間人も総動員されていた。納得できない」と語った。大阪空襲で家族ら九人を亡くした吉田栄子(はえこ)さん(84)は「父や姉の遺骨がどこにあるか、いまだに分からない。一日も早く助けてください」と声を詰まらせた。

 超党派の国会議員連盟は一昨年四月、一人五十万円の一時金や被害調査を柱とする骨子案をまとめたが、提出されていない。北村誠吾衆院議員(自民)は「党内に理解していただき、コンセンサスを得る努力をしている」と述べた。 (橋本誠)






 国際女性デー 進むアフリカの女性の政治進出
2019年03月09日 (土) | 編集 |

 先日NHKの『キャッチ!世界のトップニュース』をつけたら、アフリカの女性の政治
進出についてやっていたので、途中からだが内容について紹介したい。





ルワンダといえば、過去のツチ族とフツ族の悲惨な民族対立が思い浮かぶが
その反省から、現在では女性議員の比率がなんと60%を超えているという。
これは世界第1位で、対する日本は約14%(190ヵ国中140位)。
シリアとどっこいどっこいの比率だ。






そしてルアンダを追いかけるように、エチオピアでも
女性の政界進出がめざましい。






エチオピアでは年若いアビー氏が首相に就任して以来
さまざまな改革が行われている。






何よりも画期的なのは、内閣の半数が女性という点だ。
ひるがえって現在の日本の内閣を見ると、女性議員はたった1人。
先進国の内閣とは思えない悲惨さである。






科学・高等教育担当閣僚のウォルデマリアム氏はさっそく
大学の理事会を男女半数にするよう指示した。
こうした女性の進出を、エチオピア国民も支持している。






また政府の開発機関のトップに就任したのが
26歳のレリセ・ネミ氏だ。
こうした優秀な女性たちが
次々と新しく有益な施策を生み出している。
彼女たちこそが、新しくエネルギッシュなアフリカの担い手なのだ。




 アフリカ各国も日本と同様、男性優位の社会だが、現在のアフリカは女性議員が
次々と誕生し、新しいアフリカにふさわしいダイナミックな改革を打ち出している。
ではアフリカと日本との違いはどこにあるのか?
それはひとえに意識の問題である。
日本ではいくら「女性活躍」と言っても、男性議員の本質は相変わらずの男尊女卑であり
(特に自民党とそのお仲間議員たち・日本会議などの取り巻き・財界)、表立って女性が
活躍するのは好ましくないと思っているのだ。
これが日本で「クオータ制」が進まない大きな要因である。
しかしこのままでは世界で通用しないし、政治経済をはじめあらゆる分野で日本の
パワーは衰退していくだろう。
それを避けるには何よりもまず、エチオピアのように若くすぐれた思想と資質を備えた
リーダーを選出することが必要不可欠なのだ。