激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 71年目の広島・原爆の日に
2016年08月06日 (土) | 編集 |

 本日6日は、71年目の広島・原爆の日。
そして同時に、リオ・オリンピックの開幕式の日でもあった。
NHKで平和記念式典を執り行っている最中に、Eテレでは五輪の開幕式を
ライブで放送しているという、なんともハチャメチャな気分になった。
で、こちらは平和式典での胸を打つ松井・広島市長の平和宣言と、それを
聞く安倍首相の姿。
核使用を肯定する稲田防衛相と小池都知事を手中にした今、何を思うのか。






松井・広島市長の平和宣言が続く…。






ねえ、ちゃんと聞いてる?






こども代表の平和への誓い




   NHK 8月6日
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160806/k10010623911000.html

          広島 原爆の日   核兵器廃絶へ各国の連帯訴える

人類史上初めて核兵器の惨禍を経験した広島は6日、原爆が投下されてから71年になりました。平和記念式典で広島市の松井一実市長は、アメリカのオバマ大統領が広島を訪問した際に述べた「核兵器のない世界を追求する勇気を持たなければならない」という言葉を引用し、「絶対悪」である核兵器の廃絶に向けて各国が連帯して行動を起こすべきだと訴えました。

広島市の平和公園で午前8時から行われた式典には、91か国の代表を含む、およそ5万人が参列しました。式典では、この1年間に亡くなった人や新たに死亡が確認された人、5511人の名前が書き加えられた30万3195人の原爆死没者名簿が原爆慰霊碑に納められました。
そして、原爆が投下された午前8時15分に参列者全員で黙とうをささげました。

ことしは、アメリカのオバマ大統領が現職の大統領として初めて広島を訪問したことを受け、広島市の松井一実市長は「平和宣言」の中で、オバマ大統領が被爆者を前にして述べた、「核兵器のない世界を追求する勇気を持たなければならない」ということばを引用し、「絶対悪」である核兵器の廃絶に向けて各国が連帯して行動を起こすべきだと訴えました。
そのうえで、「被爆の実相を心に刻み、被爆者の痛みや悲しみを共有することにつながる」として、各国の政治指導者に被爆地を訪問するよう要請しました。
そして、安倍総理大臣にオバマ大統領とともにリーダーシップを発揮することを期待するとしたうえで、「『核兵器のない世界』の実現を確実なものとするために核兵器禁止の法的枠組みが不可欠だ」と指摘しました。

このあと安倍総理大臣があいさつし、「唯一の戦争被爆国として非核三原則を堅持しつつ、核兵器不拡散条約体制の維持および強化の重要性を訴えていく。核兵器国と非核兵器国の双方に協力を求め、また、世界の指導者や若者に被爆の悲惨な実態に触れてもらうことにより、『核兵器のない世界』に向け、努力を積み重ねていく」と述べました。

(以下略)






スポンサーサイト

 多数の海外メディアが、極右の稲田朋美防衛相誕生に危機感を発信
2016年08月05日 (金) | 編集 |

 案の定、極右思想の稲田防衛相の誕生に、海外メディアも警戒感を
募らせた内容の報道を数多く発信している。
テレビではテレ朝モーニングショーで、稲田氏と日本会議の関係を報じて
いたが、ほとんどの大手メディアはいつも通りスルーして知らん顔だ。






こちらはうちの猫たち。
外猫のシマオを父親に持つ
トラ猫一族が内外で増えて
勢力図が大きく様変わりしてきた。
シマコをよそ者扱いにしていじめてきたハナも
あきとまれが新たに加わったトラ猫軍団に
たじたじになっている。
野党共闘も、こうありたいものだ





    リテラ 8月5日
     http://lite-ra.com/2016/08/post-2472.html

          稲田朋美防衛相の軍国主義思想にロイター、
                APなど海外メディアが一斉に警戒感!
                           でも日本のマスコミは沈黙
        

 第三次安倍改造内閣で安倍首相が防衛相に任命した自民党・稲田朋美衆議院議員。8月4日、就任後初の会見で、日中戦争などが日本の侵略戦争だとの認識があるか質問され、こう答えた。

「侵略か侵略でないかは評価の問題であって、一概には言えない」
「私の個人的な見解をここで述べるべきではないと思います」

 曖昧な回答で明言を避けたのは、本音では日本の侵略や戦争責任を否定したい歴史修正主義者だからに他ならない。実際、稲田氏は自民党きっての極右タカ派で、安倍政権による戦前回帰の旗振り役。本サイトではこれまで、稲田氏の経済的徴兵制推進など、その軍国主義丸出しの発言の数々を伝えてきた。

 ところが、こうした稲田氏の極右政治家としての本質を、日本のマスコミ、とくにテレビメディアはほとんど触れようとせずに、ただ“将来の総理候補”ともてはやすばかりだ。

 しかし、そんな国内マスコミとは対照的に、世界のメディアはその危険性を盛んに報道している。

 たとえば、英タイムズ紙は3日付電子版で、「戦中日本の残虐行為否定論者が防衛トップに」(Atrocity denier set to be Japan’s defence chief)との見出しで、冒頭から稲田氏について「第二次世界大戦中の日本の残虐行為の数々に異議を唱え、日本の核武装をも検討すべきとする女性」と紹介した。

 また英ロイター通信も3日付の「日本の首相は経済回復を誓いながらも、新たな内閣にタカ派防衛相を迎える」(Japan's PM picks hawkish defense minister for new cabinet, vows economic recover)という記事で、稲田氏の写真を冒頭に掲載し、大きく取り上げている。

「新たに防衛相に就任する稲田朋美(前・自民党政調会長)は、日本の戦後や平和憲法、日本の保守派が第二次世界大戦の屈辱的な敗戦の象徴として捉えている平和憲法や戦後を改めるという安倍首相の目標を分かち合っている」

(以下略)

 





 3度目の改造で、安倍ネトウヨ極右内閣が誕生 (゚д゚)!
2016年08月04日 (木) | 編集 |

 小池新都知事の誕生にウゲゲとなったばかりなのに、今度は安倍改造内閣
とやらで、安倍首相の「お友だち極右内閣」が誕生した。
まさしく悪夢そのものである
特に日本会議をまるごと体現する稲田朋美氏が防衛相に、和製ゲッペルスこと
世耕弘成氏が経済産業相に抜擢とは、なんか冗談みたいな人事だわな。
ということで、私が抱いた懸念を、そのまま北海道新聞が社説で書いてくれて
のいたで、以下に転載する。






写真:毎日新聞




 北海道新聞 社説 8月4日
  http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0071223.html

            安倍改造内閣 独善に自戒を求めたい


 第3次安倍晋三再改造内閣がきのう発足した。

 官房長官、財務相、外相など主要閣僚の多くが留任した。自民党役員人事では幹事長、政調会長、総務会長が代わったが、主要ポスト間の入れ替えが中心だ。

 参院選の勝利を受け、宿願とする憲法改定の実現に向けて、足場を固める意図があるのだろう。

 首相は改造後の記者会見で「戦後最も安定した政治基盤を獲得できた」と強調し、経済政策の継続と加速を目指す姿勢を示した。

 だが、稲田朋美防衛相や世耕弘成経済産業相ら側近を重用し、首相と距離を置く石破茂前地方創生担当相が閣外に去った布陣は「安倍一色」をさらに強めた。

 選挙での勝利は白紙委任状ではない。安全保障関連法や特定秘密保護法を成立させた独善に再び陥ることは、あってはならない。

 今回の人事では、自転車事故で入院し、続投を固辞した谷垣禎一前幹事長の後任が焦点となった。

 首相が当選11回、77歳の二階俊博氏を選んだのは、改憲をめぐる論戦を控えて、党の重鎮の人脈と調整力に期待したためだ。二階氏が、安倍首相の総裁任期延長に前向きなことも影響しただろう。

 一方で二階氏は、記者会見で改憲について「慎重の上にも慎重に対応する」と述べ、野党とも時間をかけて協議すると言明した。

 単に政権を支えるのではなく、与党内の多様な意見を守り、野党と協調する姿勢を期待したい。

 閣僚人事で気になるのが、防衛相に就いた稲田氏の政治姿勢だ。

 憲法9条改定を主張し、靖国神社を定期的に参拝してきた。歴史認識をめぐる強硬発言も目立つ。

 防衛相に求められるのは不用意な挑発ではなく、摩擦を未然に防ぐ役割だ。自覚を強く求めたい。

 米軍普天間飛行場の移設問題も担う。先月には党政調会長として「負担軽減で、できるものはすべてやる」と現地で約束した。ならば現行の辺野古移設計画に固執せず、見直しに踏み出すべきだ。

 閣僚人事のもう一つの目玉が「働き方改革担当相」新設だが、1億総活躍担当相に留任した加藤勝信氏が兼任する。本来、働き方改革は1億総活躍社会の根幹だ。看板の追加で新味を出そうというのでは、安易に過ぎないか。

 前内閣では甘利明元経済再生担当相や高木毅前復興相らをめぐる「政治とカネ」や資質の問題が浮上したが、説明責任を果たさずに交代した。野党は新閣僚の資質について、国会で検証してほしい。









 あらかじめ“米国の意向”で決まっていた小池・新東京都知事
2016年08月01日 (月) | 編集 |

 もう8月だというのに、昨日の東京都知事選で小池百合子が大差で
勝利したことに―結果は予想していたもののあまりの圧勝ぶりに―心が
冷え切ったままだ。

彼女を選んだ都民は、女性だから心やさしい政治をしてくれるだろう、
クリーンでエコなイメージなので政治と金には縁がないだろうなどといった、
メディアが演出した外見を好ましく思って一票を投じた人も少なくないだろう。
また「小池を応援した自民党議員やその身内は除名処分」とのお達しをはじめ、
石原慎太郎の「大年増の厚化粧」というヘイト発言等、オウンゴール的な追い風
も吹いて勝利をものにした…ということになっている。

だが果たして、実態はそのとおりなのだろうか。
そうした疑問をまとめて提示しているサイトやTwitterを、以下でご紹介したい。








FNNニュースより



 Sharetube
   http://sharetube.jp/article/3829/

         不正選挙の疑い続々…、
         都知事選上位三人の各区別得票率グラフは
         ”均一過ぎて驚いちゃう”レベル、
         米国情報関係者周辺では「次はユリコね」、
         安倍首相『小池だ、小池だ。小池でいくんだよ』


孫崎享氏からの極秘情報では、"6月17日の段階ですでに、米国情報関係者周辺では「次はユリコね」という会話"がされていたとのこと。また、女性自身の記事によると、安倍首相は親しいマスコミ幹部に電話をかけ『小池だ、小池だ。小池でいくんだよ』と早口で小池氏の名前を連呼した。
 (以下略)






 そして以下が、その孫崎氏のTwitterと女性自身の記事だ。







 女性自身 7月30日
   http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160730-00010002-jisin-pol

      安倍首相「鳥越よりはマシ」で「都知事は小池百合子だ」 

(前略)
「与党内部には、あえて小池に勝たせることで、石原伸晃都連会長を辞めさせ、今回の分裂選挙騒動の幕引きを図ろうとする声がある。仮に鳥越が当選すると、『美濃部(亮吉)都政』の再来になりかねない。官邸と与党は、そうした革新都政の復活を危惧している。鳥越に比べれば、まだ小池のほうがいい、ということなのだろう」

 美濃部氏は1967~1979年の3期12年間、革新統一の知事として都政に君臨。革新系の首長が全国的に誕生し、保守陣営を脅かした歴史がある。官邸がその再来を恐れるのは当然ともいえる。

 そして安倍総理自身が、小池氏の勝利を見越すような発言をしたという。ベテランの政治部記者が打ち明ける。

「序盤戦の世論調査が終わった直後、安倍さんはある親しいマスコミ幹部に電話をかけました。総理は早口で『小池だ、小池だ。小池でいくんだよ』と、小池氏の名前を連呼したんです」

 前出の歳川氏は「(当選ラインの)200万票どころか250万くらい獲って、鳥越氏に大差をつける可能性がある」と、初の女性都知事誕生に太鼓判を押す。総理にすら勝負を諦念させる勢い。敵はもう、己れの慢心のみか。
(週刊FLASH 2016年8月9日号)





 もういつもの「やっぱりね」感で、お腹がいっぱいだ
戦後70年以上たったのに、ますます米国への従属度が強くなって、選挙ひとつ
自分たちの思い通りにできないなんて、どういう国なんだろうと憤るばかりだ。
これから先、ますます世の中が暗くなるような出来事が待っているのは確かだが、
それでもくじけずに勇気と希望を持ち続けるんだと、改めて自らの胸に誓いたい。





 今回の参院選結果では改憲勢力が3分の2を占めるものの、現職2閣僚が落選するなど野党共闘の成果が光った
2016年07月11日 (月) | 編集 |

 今回の参院選ではかろうじて自民単独での過半数はならなかったが、
安倍政権一強を覆すことはできず、自民・公明・おおさか維新の会・日本の
こころを大切にする党の「改憲4党」に改憲賛成の無所属と諸派の議員を
加えると、なんと改憲発議に必要な3分の2を超える勢力になってしまった





図:NHK





 と、以上は悪いニュースで、以下はいいニュース
どんな暗闇の中であろうとも、足元を照らす小さな灯火が
希望への道筋を指し示してくれる。
投票の結果、選挙区では名前を書いた候補者があと一歩で及ばなかったが
比例では青木愛氏が当選を果たしたので、心から安堵した。






写真:毎日新聞
支援者らとともにくす玉を割って当選を喜ぶ森裕子氏(中央)
=新潟市中央区の事務所で10日午後11時37分、後藤結有撮影


     
      読売新聞 7月11日
     http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2016/news/20160711-OYT1T50099.html?from=yartcl_popin

          森裕子さん返り咲き「市民とオール野党は一つ」

 10日に投開票された参院選で、改選定数が2から1に減った新潟選挙区は、野党統一候補として出馬した無所属の元文部科学副大臣、森裕子さん(60)=民進、共産、社民、生活推薦=が国政への返り咲きを果たした。

 自民現職の中原八一さん(57)=公明推薦=との接戦となったが、野党の支援と知名度を生かして支持を広げた。幸福実現党の横井基至さん(35)は及ばなかった。

 国政への返り咲きを果たした森さん。午後11時半頃に当選確実の一報が伝えられると、新潟市中央区の事務所に集まった野党関係者や支持者から歓声がわき起こった。歓声に迎えられた森さんは、「新潟から新しい民主主義が生まれた。市民とオール野党は一つ。勝利を勝ち取った」と喜びを語った。

 昨年9月の安全保障関連法の成立を受けて今年1月に出馬を表明。紆余うよ曲折を経て、共産党を含む野党が共闘して擁立する県内初の統一候補になった。

 選挙戦では、安全保障関連法の廃止や安倍政権の経済政策「アベノミクス」への批判、環太平洋経済連携協定(TPP)反対などを訴え、知名度を生かして無党派層に浸透した。

 国会で机に乗って抗議した姿などが知られる森さんだが、今回の選挙では自らを「ニュー森裕子」と呼び、統一候補として各党の立場を尊重することを意識した。

 野党市議や市民団体などによる支援組織が各地に結成され、ポスター貼りや人集めなどを分担した。野党は各地で開く集会に森さんを招くなどして、それぞれの支持層への浸透を助けた。森さんは2012年に生活の党の小沢共同代表と共に旧民主党を離党した経緯があり、民進党を含む野党各党の支持層をどれだけ取り込めるかが課題とされたが、杞憂きゆうに終わった。森さんは「みなさんが全県で頑張ってくださった」と語った。


   

     朝日新聞 7月11日
       http://www.asahi.com/articles/ASJ7C2TFQJ7CUTIL009.html

           青木愛氏「やきもきしていました」 大トリで当選決める


 10日投開票された参院選の比例区で、最後の1議席は生活の党と山本太郎となかまたちが獲得した。元職の青木愛氏(50)が11日早朝に当選を決めた。

 東京都北区の事務所で開票結果を待っていたという青木氏は「やきもきしていました。奇跡のような一番最後の議席なので、格別な喜びがあります」と語った。「(今回の選挙では)党の唯一の議席なので、大切に生かしていきたい。子育てや教育などの政策に力を入れたい」と述べた。

 青木氏は元テレビリポーターで、2003年衆院選に民主公認で初当選。小沢一郎代表代行のもと民主が政権を奪取した09年衆院選で「小沢チルドレン」の一人として当選したが、その後、民主を離党。14年衆院選で落選していた。






 何より嬉しかったのが、沖縄と福島でのがんばりだ。
現役閣僚をそれぞれ破ったのは快挙としか言いようがない。
特に東北では、秋田以外は野党統一候補が勝利したのは素晴らしい。


     

写真:産経新聞
左:福島選挙区で当選を決め万歳する民進党の増子輝彦氏=10日深夜、福島市
右:沖縄県の翁長雄志知事(左)らと万歳する伊波洋一氏=10日夜、那覇市






 このように、今回は野党共闘が大きな成果をあげたのが突出したできごとだった。
この成果を次回にしっかり生かせるように、さらなる分析を行い、より優れた作戦を
作り上げてほしい。


    東京新聞 7月11日
      http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201607/CK2016071102000185.html




            1人区、野党共闘に成果

 三十二ある一人区全てで実現した民進、共産、社民、生活の野党四党の統一候補は福島、長野、三重、沖縄など十一議席を獲得、自民党は栃木、群馬、富山、石川など二十一議席を得た。前回二〇一三年の参院選で自民党が勝利した複数の選挙区で統一候補が勝利。野党共闘が成果を挙げたことで、民進、共産両党は今後の協力に前向きな姿勢をみせている。

 参院選一人区で非自公系が獲得した議席は、前回は三十一選挙区のうち二議席で、民主党政権だった一〇年は二十九選挙区のうち八議席。前回の参院選を基に本紙が試算したところ、野党票を合計すれば自民党候補の得票を上回るのは九選挙区。今回、野党側はこれを二つ上回った。

 福島選挙区は前回、自民、旧民主、共産、社民各党がそれぞれ候補を擁立。自民党候補の得票は非自民候補の票の合計より約十三万票多かったが、今回は統一候補の民進党の増子輝彦氏が勝利した。山梨選挙区も前回は自民党候補が当選。今回は、統一候補の宮沢由佳氏が自民党候補を破った。

 改選議席数が二から一になった長野選挙区でも、野党統一候補の民進党の杉尾秀哉氏が、自民党の若林健太氏に勝利した。

 一方、限界もみえた。栃木選挙区では、自民党の上野通子氏が、無所属で四野党推薦の田野辺隆男氏を破って再選。一三年の参院選では、当選した自民党候補が約三十八万票、非自民各党候補の票を合わせると約四十万票で、共闘していれば逆転する計算だったが、今回、野党統一候補の票は約三十一万票だった。

 野党四党は前回、それぞれが候補を立てて政権批判票の分散を招いた反省から、統一候補擁立を進めた。市民団体「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」も一本化を促した。

 今後は次期衆院選の小選挙区でも、統一候補を擁立するかどうかが焦点になる。民進党の岡田克也代表はNHK番組で「市民を中心に各党が集まった。新しい政治の流れを加速したい」と今回の選挙戦を評価。民放番組で、次期衆院選について「二人も三人も(候補を)出したら、与党を利するだけだ」と共闘を継続する考えを示した。

 共産党の志位和夫委員長は記者会見で「最初のチャレンジとしては大きな成功だ」とした上で、都知事選での野党共闘についても「四野党プラス市民という枠組みを大切にし、急いで話し合いを進めていきたい」と述べた。 (生島章弘)