激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 さよなら猫のギンちゃん
2017年07月25日 (火) | 編集 |

 23日の日曜日、ちょうどお昼過ぎに、猫のギンが死んだ。
10日ほど前は普通に元気だったのに、口の中に炎症ができてほとんど
食べられなくなったと思ったら、みるみるうちに痩せて、冬場のマダラ(外猫)
のような軽さになってしまった。
動物病院で診察してもらったところ、口の炎症がひどく、まず少しでも体重を
増やさないと薬の効果が出ないという。
粉の流動食をもらい、スポイト(針のない注射器)で食べさすものの、抵抗が
ひどく、全身で暴れまわって流動食を噴いたり、私の顔や服にも吹きかけられた。
血液検査の結果では黄疸がみられ、白血球も増加していた。

 1年前の6月22日にキキが死んだとき、もっと早く診察してもらっていたら…と
悔やんだので、ギンには無理やりにでも食べさせて少しでも元気になってほしいと
思ったわけなのだが。19日に受診して、21日からは毎日通院した。
しかし努力のかいなく体重は一向に増えず――ただ1日だけたくさん食べたので
次の日は大量にウンチを出して、ちょっと安堵したのだが――23日のお昼に抱っこして
食べさせていたところ、嫌がって唸り声を出し、私の膝の上におしっこをしたと思ったら、
急に目の光が消えて動かなくなった。いくら呼びかけても、反応はなかった。

 キキもギンも私の腕の中で息を引き取ったわけだが、あとになって思えば、ギンには
無理強いして苦しませることなく、キキのように静かに見守ってあげればよかったと別の
意味で後悔している。
それにしても、小さな生き物の命の灯が消えるのは、ほんとに儚いほどあっという間だ。








24日月曜日に、遺体をペットのお寺の椿寺に持って行った。
死んだあとすぐに、汚れた体を沐浴剤を入れたお湯で洗ってやった。
お風呂好きのギンちゃんは、毛がはりついて、よけい細く見えた。













在りし日の美貌のギンちゃん。
私が湯河原に来てすぐに、偶然知り合った人から
子猫のマヨをもらい受け、しばらくしてその人の知人の
海の家の人から、子猫のハナを譲り受けた。
さらに数年して、ハナがいた海の家の人から電話があり
猫が20匹近くに増えすぎたので、1~2匹でも
引き取ってもらえないかとのこと。
その中から選んだのが、犬とも一緒に暮らせる
おとなしい性格のギンだった。本名はギーちゃん。
映画『グレムリン』に出てくるギズモに似ていたからだが
それではかわいそうなので、似たようなギンにした。
またほんとに偶然なのだが、マヨ、ハナ、ギンは
同じ日に生まれた姉妹だったのだ。





ギンはうちに来てすぐ、子宮蓄膿症というメス猫に多い
病気にかかっていることがわかり、手術で回復した。
その後も歯槽膿漏で頬っぺたに穴が開いて手術したり
さまざまな病気で苦しんできた。病弱な体質なのか
たくさん食べる割には痩せていて
でもふかふかした美しい長毛のため、
ふっくらして見えた。病気もちのわりには、
まあまあ長生きできたのでは…と思いたい。





いつもこんな格好で寝ていることが多かった。
私の足元でちょろちょろしているので
ふんづけてしまったことも少なくない。
ごめん(#^.^#)





犬のダイの奥さんかと、からかわれるくらい
ダイとは大の仲良し。いつもダイの布団を占領。
私の食事中も、干物や肉をちょうだいと
いつもダイと競うように、おこぼれにあずかっていた。
というより、ほとんどおいしいところを食べてしまうので
私の方がギンの残り物を食べた、という方が正確か。





仲良し姉妹。上がハナ、下がギン。
ギンを失って、ハナは寂しそうだ











本日、お骨となって戻ってきたギン。
ちょうど1年前に死んだキキのお骨の隣りに並んで置いた。
いつもキキにいじめられていたが、これからはずっと仲良くね\(^o^)/






スポンサーサイト

 またまた子猫が(*_*)
2017年07月17日 (月) | 編集 |

 暑い  毎日暑くてたまらん
デブリンのもう一匹の子猫「ヒゲじい」が用心深くてなかなか捕まらない中、
いきなり見たことのない子猫が登場。
ロシアンの残りの子のどちらかな…と思いながら、暑い日差しの中を
フラフラ歩いているのを、またしても保護。
う~ん、もうどうしたらいいんだろう、この子猫のインフレーション






動物病院が休みなので、水曜日までカゴの中で
がんばってもらわなければ。
捕まえたあとでよく見たら、あらら、ロシアンの子とは違う。
もしかしてデブリンの子が、さらにもう一匹いたのだろうか。
顔や模様がクッキーに似ている。
女の子かもしれないので「ココア」と命名。







 3匹の子猫、一緒に暮らす
2017年07月15日 (土) | 編集 |

 なんたる運命か、突如3匹のオスの子猫を迎い入れることになり、
てんやわんやの毎日が続くことになった。






一週間の隔離期間を終えて、次郎と五郎を
他の猫たちの居住空間に迎い入れた。
しかしながら兄弟同士で固まって遊び、
兄貴分のクッキーがなかなかその輪に入れない。





でも、しばらくしてクッキーのごはんの場所に
五郎がやってきて…。





一緒に食べ始めた。
たぶん同じころに生まれたと思われるが
早く保護したクッキーとは体格差が
だいぶついてしまった。





五郎は毎日目薬で目の治療をしているが
見えているのかどうかは微妙なところだ。
しかし、一日中活発に走り回っているので
あまり心配することもないのかもしれない。





一方、クッキーはこんなに精悍な顔つきになった。









 安倍内閣の支持率が急落 危険水域の30%を割り込む
2017年07月14日 (金) | 編集 |

 なぜか高止まりのままで推移していた(もちろん、メディア側の忖度によるものだが)
安倍内閣の支持率が急落。世論の怒りによって落ち目になった政権は、このさい
かまわず叩いてしまえということか (^^;
反対に、自由党や社民党が微増しているのがうれしい。



 



  




        時事通信 7月14日
          http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071400769&g=pol

           安倍内閣支持29.9%に急落=2次以降最低、
                       不支持48.6%-時事世論調査

           
 時事通信が7~10日に実施した7月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比15.2ポイント減の29.9%となった。2012年12月の第2次安倍政権発足以降、最大の下げ幅で、初めて3割を切った。不支持率も同14.7ポイント増の48.6%で最高となった。学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題が響いた。東京都議選で稲田朋美防衛相が、自衛隊を政治利用したと受け取られかねない失言をしたことなども影響したとみられる。
 加計学園に関する安倍晋三首相の発言を信用できるかどうか聞いたところ、「信用できない」が67.3%に上り、「信用できる」の11.5%を大きく上回った。首相が説明責任を果たしているかどうかについても、「果たしていない」79.9%に対し、「果たしている」7.1%となり、首相に対する国民の不信感の高まりが浮き彫りとなった。首相の政権運営は険しいものとなりそうだ。

 内閣を支持しない理由(複数回答)でも、「首相を信頼できない」が前月比8.7ポイント増の27.5%と急増。前月と今月だけで14.9ポイント増となった。次いで「期待が持てない」21.9%、「政策が駄目」15.8%の順。内閣を支持する理由(同)は、「他に適当な人がいない」14.1%、「リーダーシップがある」9.0%、「首相を信頼する」6.8%などとなった。
 支持と不支持が逆転したのは、安全保障関連法を審議していた15年9月以来。支持政党別に見ると、全体の6割を超える無党派層では支持が前月比13.3ポイント減の19.4%となった。自民党支持層でも支持は同13.4ポイント減の70.1%と急落した。
 政党支持率は、自民党が前月比3.9ポイント減の21.1%、民進党は同0.4ポイント減の3.8%。以下、公明党3.2%、共産党2.1%、日本維新の会1.1%と続いた。支持政党なしは同4.5ポイント増の65.3%となった。
 調査は全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は65.1%。






 「加計のキーマン」たちは、潔く証人喚問に応じよ
2017年07月13日 (木) | 編集 |

 「加計学園」問題をめぐって、前川氏を参考人として招致した
衆参両院の閉会中審査が10日に開かれたが、肝心のキーマンたち
は与党の反対で出席せず、安倍首相は都合よく外遊中で、結局
真相解明には至らなかった。

ということで、次回は安倍夫妻、加計氏、和泉氏、木曽氏、藤原氏の
出席による証人喚問をぜひ実現させてほしいものだ。